勉強するとき、音楽をかけながらしていませんか?

人間関係
スポンサーリンク

勉強するとき、音楽をかけながら勉強をしていませんか?

僕も学生時代は勉強するときはいつも音楽をかけながら勉強していました。

しかし、結論からいうと、音楽をかけながらの勉強は著しく効率が下がるというのです。

勉強するときに音楽をかけると、著しく効率が下がる

英グラスゴー・カレドニアン大学の研究によると、「テンポの速い曲」「テンポの遅い曲」「環境音」「無音」の4つの条件下で記憶力、注意力などを調べる認知機能検査を行ったところ、音楽や雑音がある群は、「無音」と比べてすべての検査得点が低下しました。

特に「テンポの速い曲」の悪影響は大きく、「無音」と比べて記憶力テストの特典が約50%も低下したのです。

このように、作業に関係のない音があることで静かな環境の時よりも作業効率が悪化することは「無関連音効果」と呼ばれています。

人間の脳は、一度に2つの事をこなす「マルチタスク」ができません。

つまり、「勉強する」と「音楽を聴く」は同時にやっているようで、脳の中ではそれらの処理を交互に行っています。

ものすごく脳に負担をかけて、結果として勉強の効率を著しく悪化させているのです。

好きな曲を聴きながら勉強するとはかどる気がするのはなぜ?

記憶や読解は「言語脳」を使うので、歌詞のある曲は「言語脳」に負荷をかけるので特によくありません。

とはいえ、好きな曲を聴きながら勉強すると勉強がはかどる気がするのはなぜでしょう?

カナダ・マギル大学の研究で、好きな音楽を聴いていい気分になっているとき、脳内でドーパミンが分泌されていることが明らかになりました。

ドーパミンが出ると「楽しい」気分になりますが、実際に勉強中の効率が上がっているかは別の話です。

東北大学の研究によると、速いテンポの曲または遅いテンポの曲を聴かせたあとに短期記憶課題を行ったところ、速いテンポの曲を聴いた場合、左下前頭回(短期記憶に必要な部位)が活性化し、短期記憶が向上したという結果が得られました。

音楽を聴くなら「勉強中」より「勉強前」に

つまり、仕事や勉強の開始前に、テンポの速い曲や、自分の好きな曲を聴いてテンションをあげるのは、脳科学的に効果があるといえます。

以上をまとめると、音楽を活用した勉強法としては、勉強開始10分〜15分前に、自分の好きな曲、テンポの速い曲を聴く。

勉強を開始したら音楽は止めて、静かな環境で勉強する。

休憩時間にまた音楽を聴いて気分転換する。

そんなふうに上手に音楽を活用すると、勉強効率は大きくアップします。

静かすぎると逆に集中できない

「無音」がいちばん勉強がはかどるという研究結果が出ていますが、「静かすぎると逆に集中できない」という人もいるかもしれません。

マウスの実験では、完全に無音の状況では記憶ができず、ホワイトノイズ(テレビの砂嵐の音)を聞かせると学習効率が高まります。

では人間ではどうでしょう。ストックホルム大学の研究によると、普段集中力が足りない生徒にホワイトノイズを聞かせると、学習効果が上がりましたが、逆に集中力が高い子どもにホワイトノイズを聞かせると、学習効果は低下しました。

「静かな環境」がはかどるのか、「少しの雑音」があったほうがはかどるのかは、個人差があるのです。

「家の静かな環境よりも、カフェのほうが仕事がはかどる」という人は、雑音派と考えられます。

雑音といってもあまりにも騒がしいのは逆効果で、「静かなカフェ」くらいがいいとされます。

「雑音派」の人は、波の音、風の音、鳥のさえずりなどの自然音を小さな音量で聞きながら勉強、作業をするというのはアリです。

YouTubeで「自然音」「環境音」で検索すると、お気に入りの音源を見つけることができます。

自然音には、アルファ波が増えてリラックス効果がありますので、休憩時間に気分転換として聞くのもいいでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました