よく聞く「5G」ってなんのこと?「G」って何を指してるの?

メディア
スポンサーリンク

最近よく聞く「5G」について今回は記事にしたいと思います。

早速本題に入ろうと思いますが、今、みなさんがスマホで使われている携帯電話ネットワークは、「4G」ですね。

「4G」に入る前は「3G」。「2G」「1G」とさかのぼっていくと歴史があるわけですが、この「G」とはなんのことを指すのでしょうか?

Gとは世代の事を指す

よく「5G」って聞くけど、そもそも「G」ってなんのこと?

Gとは世代を表す「Generation」の略となっています。

そして最近よく聞く「5G」とは、「第5世代移動通信システム」の事を指しています。

現在使われているのは第4世代(4G)でして、「5G」が国内で使われるようになるのは2020年、来年になる見込みとされています。

世代が変わっても、携帯電話ネットワークがガラッと全て入れ替わるわけではなく、これまでも、前の世代と重なりながら徐々に入れ替わっていく見込みです。

1Gの登場

1979年に登場した「1G」は、80年代後半になって持ち歩ける程度に小型化されるまでは、自動車電話などに使われ、携帯できるレベルではありませんでした。

持ち歩ける程度に小型化されたといっても、芸人の「平野ノラ」さんがよく肩からぶら下げた電話で

「シモシモ〜?クロマティ?」

ってネタで使われてるあのサイズです。

「1G」世代はまさにバブリー世代の辺りだったんですね。

音声の変調はアナログ方式で、音声通話を対象としたサービスとなり、データ通信に使う時はモデムで「見なし音声」に変換されていました。

国内サービス開始:1979年

変調方式:アナログ方式(FDMA-FM)

新たに加わった主な用途:音声通話

最大データ通信速度:9.6Kビット/秒

利用するネットワーク方式:HICAP、TACS

携帯電話会社の主なブランド:mova

2Gの登場

1993年に登場した「2G」では、変調がデジタル方式に変わりました。

音声を「0」と「1」で表現されるデジタル信号に変換する事で、ノイズに強く、登場した当初では「音がいい」と言われていました。

音声に加え携帯電話同士で、相手の電話番号に対して簡単なテキストメッセージでやりとりできる「SMS」や、携帯電話会社が自社の利用者向けに提供できる電子メールサービスの「キャリアメール」などのやりとりも可能となりました。

国内サービス開始:1993年

変調方式:デジタル方式(FDMA、CDMA)

新たに加わった主な用途:SMS、キャリアメール

最大データ通信速度:64Kビット/秒

利用するネットワーク方式:GSM、PDC

携帯電話会社の主なブランド:デジタル・ムーバ、cdmaOne

3Gの登場

2001年に登場した「3G」では、データ通信が大きく進化します。

最大データ通信速度が64Kビット/秒から14.4Mビット/秒に向上し、電子メールやWebなどの幅広いインターネットコンテンツを利用できるようになりました。

国内サービス開始:2001年

変調方式:デジタル方式(CDMA)

新たに加わった主な用途:インターネット

最大データ通信速度:14.4Mビット/秒

利用するネットワーク方式:W-CDMA、CDMA2000

携帯電話会社の主なブランド:FOMA、CDMA1X

4Gの登場

この後の世代は、「3G」をベースに「4G」使われる見込みだった新技術を先取りして採用されるようになります。

国内サービス開始:2010年

変調方式:デジタル方式(OFDM)

新たに加わった主な用途:動画

最大データ通信速度:1Gビット/秒

利用するネットワーク方式:LTE、LTE-Advanced

携帯電話会社の主なブランド:Xi

5Gの登場

こうしてみると、約10年毎に世代が変わっていくのがわかります。

そして来年2020年。いよいよ「5G」が登場します。

国内サービス開始:2020年(予定)

変調方式:デジタル方式(OFDM)

新たに加わった主な用途:IoT、スマートホームなど

最大データ通信速度:20Gビット/秒

利用するネットワーク方式:e-LTE、New RAT

携帯電話会社の主なブランド:未定

最初はアナログで始まりましたが、第2世代でデジタル化すると、それ以降は高速化の歴史となり、30年弱で100万倍の速度に進化しました。

「4G」から「5G」への移行イメージ

「5G」のサービス開始時には、まず2020年に都市部など一部の地域でアクセスネットワークに「5G」を採用します。

既存の「4G」アクセスネットワークをそのまま生かしながら移行するので、現在利用している端末がいきなり利用できなくなるわけではないので安心ですね。

そして徐々に「5G」が普及し、端末との接続性やエリアカバーでの実績が積み上がっていくにつれ、アクセスネットワーク全体が「5G」に切り替わっていく見込みです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました