あなたはそれでもタバコを吸いますか?

脱ギャンブル
スポンサーリンク

ここ近年、喫煙者の皆さんは肩身を狭い思いをしているのではないでしょうか?

以前は至る所で吸えたであろう場所も今では完全禁煙とされ、路上でタバコを吸えば罰金を払わされる始末。

私自身は、3年前に肺に穴を開ける「肺気胸」になってしまい、それから禁煙して今に至っております。

それからというもの、以前はあんなにスパスパ吸っていたタバコも、いつしか匂いですら気になってしまいます。

帰り道で前に歩いているサラリーマンが歩きタバコをしているだけで、匂いがこちらにきて、

「タバコ臭っ。警察に見つかって罰金払わされればいいのに」

まぁ自分がタバコを吸わなくなったらこんなことを思ってしまいますよね。

実際にはタバコを辞めた人の方が匂いに敏感みたいです。納得してしまいます。

今日の記事はタバコは百害有って一利なし

タバコを辞めた僕からの目線でタバコをやめるって事を伝えられたらと思います。

最近ではタバコを吸う人の数も減少しつつあります。

①健康

まずは健康です。タバコを吸わない人からしたら当たり前のことですが、僕からも言います。

喫煙者の方は散々言われてきたと思います。実際に僕も言われてきました。

「自分の体なんだからいいじゃん!」

そう思ってなきゃなかなかタバコなんて吸いませんよね。

肺はみるみる真っ黒になり、ほとんどのがんの発生に影響があると言われています。

タバコのパッケージにも載っていますね。

全がんで非喫煙者と喫煙者のがんによる死亡の上昇率は、1.65倍とされています。

自らの体に悪影響の煙を吸い込んで不健康な体に侵していく。

筋トレをしている方にも影響はありますよ。

体力は低下し、普通の人よりも疲れやすくなります。その分筋トレにも負担がかかります。

そして、筋肉の超回復にも影響があるのです。

超回復をいえば、鍛えた筋肉が傷を修復にてさらに筋肉を太く、強くするのに必要不可欠なもの。

その超回復が喫煙によって自然治癒力が低下し、結果、超回復のスピードの低下に繋がります。

せっかく筋肉を鍛えているのに、喫煙によって効果が薄まるなんて、勿体無いですよね。

あとは、吸っている副流煙で周りの人への害ともなります。

煙だけじゃなく、吸っている人さえも煙たがられちゃいますよ。

②周囲の反応

周りの人からも煙たがれる。

実際に喫煙場所には、喫煙者だらけで、そこから生まれる会話も多いことでしょう。

会社に喫煙所がある所は、同じ場所で喫煙を繰り返してるうちに仲良くなる、なんてこともあると思います。

僕は、このコミュニケーションのツールとしては、タバコはいいと思います。

でも、それだけです。

喫煙所から帰ってくれば、タバコ臭い状態で周りの人と接し、非喫煙者の方からしたら

「わぁ、タバコ臭い」

なんて口に言わなくても思っているはずです。

また、世の女性はタバコ臭さに敏感です。

実際にタバコを吸っている人は敬遠され、世の女性の7割はタバコNGみたいです。

いくらドラマとかで、出演者が格好良くタバコを吸っているシーンが流れて、その姿に憧れを持っても、現実はそうはいきません。

狭い喫煙所に閉じ込められて、周りの人にぶつからないように気を使いながらタバコを吸っている姿、果たして格好いいと言えますでしょうか?

また、喫煙所を探しウロウロする姿にも、同じことが言えます。

人は思っているよりも喫煙者の事をよく思っていないケースが多いです。

あ、あと口臭ですね。もうタバコの匂いが体内に染み付いちゃってる人から発生する臭いまでいくと、女性どころか、いろんな人から敬遠されてしまいますよ。

③お金

2019年10月1日から消費税が10%に上がりました。

それに伴いタバコの値上がりもしばしばあります。

消費税も10%に上がる上にタバコまで値上げなんて、どれだけ税金を払えばいいんだ!

そう思いますよね。

こんなに税金を払っているのに、タバコの吸う場所はどんどん減らされているんですよ。

認められていない場所でタバコを吸っているのが見つかったら罰金まで払わされ。。。

そもそもタバコをやめるとどれくらいお金に自由ができると思いますか?

問うまでもないですよね。

1日1箱吸う人であれば1ヶ月で約15000円位。なんと1年で18万円ですよ!

それが10年になれば180万!すごいですね。180万円って。

それだけの煙を体内に入れ続けてるってこともまた、すごいですよね。

1ヶ月に15000円あれば、わりかし好きなものが買えてしまいますし、習い事だって出来ますよ。

スポーツジムに会費を払って体を鍛えたり。体にいいサプリメントが買えたり。

本を買って読んだりゲームを買ったり。旅行へ行けたり。

④時間

暇な時間があると吸ってしまったり、仕事の休憩中だったり、あるいは一息つきたい時、ムカついた時、イライラしてる時、食後の一服だったり、心を落ち着かせたい時。

タバコを吸うタイミングというのはたくさんあります。

そしてタバコを吸っている時間が1本につき5分位。

今ではタバコを吸う場所も限られていますから、タバコを吸える場所を探す、あるいは向かう時間などを考えるとプラスαが発生します。

そして1日に1箱吸う人で言えば5分×20本で100分。吸う場所を探したりした時間を足すと約120分くらいでしょうか。

1日に2時間もタバコに時間を使っているんですよ。1か月で60時間。1年で720時間!

720時間は30日分の時間です。

それだけの時間があったら、何が出来ただろうって、何が習得出来ただろうかって思ってしまいます。

まとめ

まとめに入りますが、タバコは百害有って一利なしです。

とはいえ、タバコを辞めるのはなかなか簡単なものではありません。

簡単じゃないけど、とはいえこのままタバコの奴隷でいいのでしょうか?

自分は辞めたいのにタバコが辞められない。

ニコチンに負けてしまう。

負けてるのはニコチンなのに、その代償に健康とお金と時間を失ってしまう。

割に合いませんよね。

辞めたいのに辞めれない人。

大丈夫です。辞めると決めて吸いたくてもその場だけ我慢すれば、吸いたい気持ちは意外とスーって消えていきます。その繰り返しです。

ここらでタバコの奴隷から解放されませんか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました