Windows7からMacBookProへ変えた感想

脱ギャンブル
スポンサーリンク

長年使っていたWindows7からMacBookProにPCを変えました。

今回はMacに変えた事で変わった事を記事にしたいと思います。

Windows7からMacBookProへ

今回購入したのはMacBookPro(13インチ2017)シルバーモデル

ストレージ256GB SSD

メモリ8GB

Touch Bar無しのネットで検索して一番安いMacBookProを購入しました。

正直PCは全く詳しくないので、前使っていたWindows7でも全然良かったのですが、

10月から増税というのと、2020年1月14日にサポートが終了するという事で、せっかくならスマホもiphone xsに乗り換えた事だしPCもAppleに変えちゃおう!という事で思い切って購入しました。

ずっとWindowsを使ってきたので、Macの使い方もイマイチまだ分かっておりません笑

まず驚いた!マウス操作ではなくトラックパッド操作!

一番最初に戸惑ったのは、なんと言ってもトラックパッドによる操作。

マウスでしか今まで操作したことがなかったので、スクロールの仕方どころか、クリックの仕方さえもわかりませんでした。

簡単にトラックパッドの操作の仕方を紹介します。

副ボタンのクリック(右クリック)

Windowsの右クリックにあたるものですね。『副ボタンのクリック』は、トラックパッド上を2本指でクリックすると、メニューが表示されます。

クリック/ダブルクリック

ボタンのないMacBookのトラックパッドは、トラックパッド上のどの場所を押してもクリック操作になるんです。2回素早く押せばダブルクリックとなって、ファイルを開くことができます。

ドラッグ&ドロップ

アイコンなどをクリックしたまま、指を動かして移動させたい場所まで持っていきます。

僕がこれは操作しやすいなと思ったやり方が、2本指を使った方法です。

アイコンなどの上にマウスポインタを移動したら、親指でクリックします。親指でクリックしたまま、人差し指や中指でアイコンをドラッグし、最後に親指を離してドロップするという方法です。

スクロール

Webページなどをスクロールするには、2本指でトラックパッドに触れて、上下左右にスライドするとスクロールができます。

最初このやり方がわからずにキーボード上の矢印ボタンを押してみたり、Webページの右側をクリックしてスクロールしてみたりと、とにかくやりづらかったですが、このやり方を覚えたらもう便利で楽ですね。

ページ間スワイプ

2本指でトラックパッド上を左右に払うようにする(スワイプ)動作。Webページなどの前後のページを表示できます。

通知センターを表示

2本指で右端から左へスワイプすると、さまざまなアプリからの通知をまとめた『通知センター』を開くことができます。

スマートズーム

Webページなどの表示中に、2本指でダブルクリックすると、素早く拡大表示ができます。もう一度2本指でタップすると元の表示に戻ります。

拡大/縮小

2本指で触れて指先の間隔を広げたり、狭めたりする動作。地図や画像、Webページなどを拡大/縮小表示することができて便利です。

回転

2本指でトラックパッドに触れて、左右にひねるように動かす動作。写真や地図など回転することができます。

と、簡単ではありますがトラックパッドの使い方について説明しました。

まだまだトラックパッドの設定によっては、さまざまなジェスチャのカスタマイズも可能のようなので、これからどんどん使い込んで、マスターしていきたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました