想像性が足りないと思う方必見!想像性を引き出すためには

人間関係
スポンサーリンク

今回は想像性を引き出すためには?というテーマです。

この記事を読んでわかること
・アイディアは突然ひらめくものではない
・まずは勉強や情報収集などの仕込みを。
・取り入れたものを熟成させる時間も大切。

以上のことがわかるようになります。

常に知識や情報をインプットしておきアイデアの種を育てておく

仕事で行き詰ったとき、あるいはブログをやっている方でネタに行き詰ったとき、誰もが一度は「すばらしいアイデアが降ってこないかな・・・」と思った経験があることと思います。

ただ、アメリカの心理学者ワラスの理論によれば、アイデアは突然ひらめくものではなく、そればでに相応の準備があり「生まれる」というほうが適切であることがわかります。

ワラスはひらめき、つまり創造的思考を4つの段階に分けて説明しています。

まず第一段階は課題設定と試行錯誤の「準備期」。ここでは勉強して知識をインプットしたり、情報を集めたりする行動があてはまります。

第二段階は「孵化期」。準備期で得た知識や情報を無意識下で温め、それらが自動的に熟成していく期間です。

第三段階が「啓示期」。突然天からの啓示を受けるようにアイデアがひらめきます。

第四段階が「検証期」。啓示期で浮かんだアイデアを裏付ける検証を行い、実現に近づけていきます。

ビューラーは「あっ、そうか!」とひらめきを得ることを「アハ体験」と呼んでいますが、そこに至るまでには勉強や情報収集などの”仕込み”が必要、という見方ができるでしょう。同時に、天才でなくともひらめくことができるという希望でもあります。

ワラスが唱えたひらめきの4段階

①準備期・・・知識をインプットし、情報収集する期間

②孵化期・・・得た知識や情報を熟成していく期間

③啓示期・・・天からの啓示を受けるようにひらめく期間

④検証期・・・啓示期で浮かんだアイデアを検証する期間

まとめ

冒頭でも話しましたが今回のまとめです。

まとめ

・アイデアは突然ひらめくものではない。

・まずは勉強や情報収集などの仕込みを。

・取り入れたものを熟成させる時間も大事。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました