ギャンブルを本気で辞めたい。10の理由。

脱ギャンブル
3か月前の自分
3か月前の自分

さて、一人休みだし、朝からパチンコでも行こうかなぁ。

そんでサクッと3万円位勝ちたいなぁ。

3時間後

3か月前の自分
3か月前の自分

はぁ。全然当たらなくて3万負けちゃったよ。

もうお小遣いなくなっちゃった。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

もう、いい加減そんな生活辞めなよ。

君、このままだと死ぬまでギャンブル依存ですよ。

3か月前の自分
3か月前の自分

だ、誰だい!?

君は、誰?

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

私は、君だ。

ギャンブルを辞めた、未来の、君だ。

3か月前の自分
3か月前の自分

ギャンブルを辞めた未来の自分!?

お、俺、ギャンブル辞められるのか?

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

辞めれる。今は辞めて1か月半が経過している。

1か月半ギャンブルしなかったんよ?

君ならわかると思うが、これ、すごくない?

3か月前の自分
3か月前の自分

すごい!すごいよ!おれ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

じゃぁ、ギャンブル辞める為にまず辞めたい理由を10個並べようね。

3か月前の自分
3か月前の自分

ずっと辞めたかったギャンブル。10個くらい簡単に出るわ!

ギャンブルを辞めたい10の理由

1.お金がなくなる

3か月前の自分
3か月前の自分

まず、お金が無くなる!

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

ほんとそれよ。

お小遣い制のくせに、そんな貴族の遊びなんてしてんじゃないよ。

ギャンブルは、勝っているときは楽しいです。

パチンコ、スロットで大当たりを引いた時は、

あのうるさい音、まぶしい光による台からの祝福と出玉の恩恵。

今まで投資していた苦しみから解放され、安堵に包まれたときは

ものすごい至福なひとときと高揚感に満ち溢れています。

ですが、そんな瞬間を味わうために、いったいいくらお金をつぎ込んできたのでしょう。

給料をもらってすぐパチンコやスロットで負けてすぐにお金が無くなる。

友達からお金を借りてリベンジして成功する時もあるでしょう。

でも、たいていは負けます。

ギャンブラーには、不思議な事に勝てる時の「波」というものがあり、

時にはある一定の期間は大勝ちする時期もあるでしょう。

でも、その「波」が去った時、また一気に負け一直線です。

それを繰り返すから、いつしかギャンブルの辞め時が分からなくなり、

ギャンブルで負けを取り返すことがだんだん無理だとわかってきます。

でも、ギャンブル依存症は辞めることをしません。

失ったお金と時間は絶対に返ってこないことと知りながら、

なぜ僕はこの歳になるまでギャンブルを本気で辞めようとしなかったのでしょう。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

気が狂ってたとしか思えないよね。

2.時間がなくなる

3か月前の自分
3か月前の自分

せっかくの休みなのに、気が付くともう夕方なんだよね。

んで、あっという間に次の日になって仕事なの。

嫌になるわ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

まぁ、自分が悪いんだけどね。

一人休みの日、朝から気合を入れてパチンコ屋に行きます。

なんの根拠もないのに、「この日は旧イベント日だな。」

と、勝手な都合をつけて朝7時から並んだりしてました。

お店がオープンしてから台に座り、ずっとその台に居座り続け、

夕方までろくに体を動かすことなく、時間とお金を浪費していくのです。

そして、家に帰り、無駄な時間とお金を使ってしまったと後悔します。

家に帰ったらあとは夕飯を食べて風呂入って寝るだけ。

起きたら朝から仕事。

いったいなんのために生きているんだろうと真剣に思います。

こうして無駄な時間の積み重ねで歳をとっていく自分を想像すると、

なんだか今では恐怖さえ覚えます。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

ギャンブル行かなくなった今、時間の貴重さがすごく身に染みてるよ。

ほんと、無駄な人生だった。まだ遅くない!

3.嘘を平気でつくようになる

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

今思うと、ものすごく心が痛む。

君、まだそんな感覚ないでしょ?

3か月前の自分
3か月前の自分

もはや嘘とも思ってない。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

クソが。

仕事が定時の夕方に終わると、そのまますぐパチンコ屋に行っていた時期があります。

嫁さんには残業で21時位に帰ると、平気で嘘をついてパチンコ屋で過ごしました。

そして帰ってきて、嫁さんが用意してくれた夕ご飯を食べ、

嫁さんが入れてくれたお風呂に入り、なんにもせずに寝る。

寝る前に「いやぁ、今日は疲れたわ」などとぼやく始末。

本当に反省します。今となっては本当に心が痛いです。

パチンコに行きたいが為についた嘘なんて他にもたくさんあると思います。

今では、そんな嘘をついてまでパチンコに行きたかったのかわかりません。

ただ、今でもギャンブルを続けていたら、このような嘘は

この先ずっとついているだろうし、嘘のために嘘をつくことさえあると思います。

もうこうなるとなにが本当で、何が嘘か分からなくなります。

まさにすべてマボロシ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

今では仕事が終わったら一直線に家に帰ります。

4.成長しない

3か月前の自分
3か月前の自分

20歳の頃から比べると、なんにも変ってない気がする。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

そのままギャンブルばっかやってると、ろくな大人にならないよ。

と、思ったら危機感すごくない?

さて、はたして今の僕に、自信をもって20歳の頃から成長したと言えるのでしょうか。

20歳の自分にもし出会ったら、胸を張ってアドバイスをしてあげられることはあるのでしょうか。

一つ、30歳を超えた僕から言えることがあるとしたら

「ギャンブルなんて絶対やめな」

だけです。僕の今までの失敗談をただただ告げ、こうならないようにしなさい。

と、反面教師でしかアドバイスできません。

だって、他の人が向上心を持って勉強や仕事に取り組んでいる間、

ただただ僕はひたすらギャンブルの事にしか時間とお金と頭を使ってこなかったのですから。

むしろ20歳の僕から教わることの方が多いんじゃないだろうか。

3か月前の自分
3か月前の自分

20歳の頃は、もうちょっと大人になってると思ってたんだけどなぁ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

今からでも遅くないよ!

5.自分がいやになる

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

君はそんなギャンブルの奴隷でいて、自分の事好きか?

3か月前の自分
3か月前の自分

嫌になるよねぇ。馬鹿みたいにお金と時間を溶かして。

辞めた自分はどうなの?

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

この生活をしてる自分は今の君より好き。

そんな自分だから、当然嫌になります。

今まで貴重な時間とお金を無駄にして、今の自分がいるのです。

負ける度にもうギャンブルなんて絶対しない!

と言い聞かせてたはずの自分がいつの間にかパチンコ屋にいて、

いつの間にか負けて帰りの車の中で自分を憎む。

たまに勝ったら調子に乗って勝ったお金をまたギャンブルに費やす。

本当に成長しない自分に腹が立ちました。

3か月前の自分
3か月前の自分

いや、俺も嫌いよ?こんな自分。

6.周りからの目

3か月前の自分
3か月前の自分

でもほら。今の自分ってギャンブルで成り立ってるから、

必然的に周りの仲間ともギャンブルでつながってて、

今からギャンブル辞めたら会話のネタがないよ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

大丈夫。辞めてからも仲間は仲間。

そんな仲間も、ギャンブルで負けたら辞めるって言ってるからね。

君が辞める人間の先頭に立てばいいのよ。

僕が働く会社では、ギャンブラーはたくさんいます。

喫煙所に行けばたいていパチンコ・スロットの話か競馬の話で盛り上がってます。

そんな中に混じって、さも当たり前のように「昨日勝った?」と、

ギャンブルしている前提で会話が繰り広げられてます。

僕は負ける度に「もうギャンブルなんて辞めるわ」

と言うわけですが、次の日も「昨日勝った?」

という会話が繰り広げられるわけです。

僕は周りから「ギャンブルなんて辞められない人」

と、こう思われてるわけですね。

もちろん、周りの人達も「ギャンブルを辞められない人」だと僕は思ってます。

この、「ギャンブルが当たり前」の環境の中で僕はギャンブルを辞めたいのです。

そして、「昨日勝った?」との問いに、「昨日も行ってない」

と返し続けたいのです。周りの人からしたら、僕が本当にギャンブルを辞めたら、

「俺も辞めようかな」と思わせ、そして、「辞めた方がいいよ」

こう言いたい。そして、「ギャンブルが当たり前」の環境をなくしていきたいわけです。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

会話のネタは多少なくなるけど、自分のお金と時間を失うよりはいいよ。

辞めてからもちゃんと関係性は続くからね。

7.自分の子供が出来た時

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

自分の親がギャンブル依存症だとしたらどう思う?

3か月前の自分
3か月前の自分

・・・いやだ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

そうでしょ?そういうことよ。

いずれ僕にも子供ができると思います。

そしてその子供が成長した時、自分がギャンブル依存症のままだとしたら?

そう考えると本当にギャンブルを辞めなければと思います。

きっと子育ては嫁さんに任せて自分は嘘をついてパチンコ屋。

タバコのにおいをまとわせながら帰ってきて、汚いメダルを散々いじった手で

自分の子供をだっこする。

罪悪感感じそうですよね。これ。

よく、パチンコ屋の駐車場で子供を死なせたニュースを見ました。

もちろん自分はそんなことはしない。

そう思ってても、果たしてギャンブル依存症のままだとしたらどうでしょう。

最悪なくもない。それほどまでにギャンブル依存症とは強烈なのです。

3か月前の自分
3か月前の自分

ぞっとするね。自分が。

8.50歳を過ぎてもギャンブル依存症だとしたら

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

もし自分がおっさんになっても朝からパチンコに並んでる姿を想像してみて。

3か月前の自分
3か月前の自分

きついなぁ。

でもさすがにその歳になったら辞めてるでしょ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

じゃぁ、いつ辞めるの?そういってこの歳までギャンブルしてるよね?

成長しないとその歳まで君はギャンブル依存症なわけよ。

朝から大学生やニートと一緒にパチンコ屋に並んでるわけよ。

もう、ぞっとしません?この50歳を過ぎてもギャンブル依存症な自分が。

でも、ギャンブルをずっとし続けていればおのずとそうなるんです。

そりゃその歳になるまでギャンブルを続けていれば、

周りの人に自慢できるような大勝ちの経験はできるかもしれません。

でも、そんな自慢話、聞いてて素直にこの人すごいなんて尊敬できますか?

ギャンブル依存症の人であれば、過去の僕であれば「いいなぁ」

とか「すごいな」と思ったでしょうけど、

冷静に考えればいくら使ってその勝ち分をとれて、

じゃ通算いくら負けてるの?って今なら思います。

ギャンブルをしていないで、堅実に過ごしている方々の方が、

僕はよっぽど尊敬をします。

3か月前の自分
3か月前の自分

・・・辞めるなら、早い方がいいよなぁ。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

今でしょ!

9.不健康

3か月前の自分
3か月前の自分

朝からパチンコ屋にいたら夜までごはん食べなくても平気!

この生活してたら太らないから体型キープできるよ!

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

自慢げに言ってる場合じゃないよ。

ただの不健康だから!そんなの。

朝から並んでコンビニのおにぎりを開店前に食べ、

ろくに体を動かさず、昼飯を食べずに、タバコと缶コーヒーだけで

夕飯まで過ごす。下手すれば閉店後にラーメンを食べて寝るだけ。

なんにも栄養のある食事を取らないなんてことは多々ありました。

僕は比較的痩せ型なわけですが、そりゃ痩せますよ。

そんな食生活で20代を過ごしてきたわけですから。

ただの不健康なわけですから。

ギャンブル依存症は、健康さえも失っていくのです。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

ガリガリの貧乏人がギャンブルに飯代突っ込んでるって考えてみて。

3か月前の自分
3か月前の自分

情けなくなってきた。

10.ギャンブル依存

3か月前の自分
3か月前の自分

これだけ辞める理由があるのに、それでもギャンブルしたくなっちゃう。

自分でも分かってるよ。病気だって。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

病気だね。気持ちはわかるよ。

でもね、それだけのせいにしちゃいけない。

これだけギャンブルを辞めたい理由があっても、ふとした瞬間にやりたくなる。

今までやってきたことが染みついていて本能的にギャンブルがしたくなる。

昔、会社の先輩に言われたことがあります。

「虫は光に本能的に集まってくるから、街灯の周りには虫がたくさん飛んでいる。

 ギャンブル依存症も同じだよな。パチンコ屋の光に集まっていく。」

虫と同じって。なんて当時は思いました。

でも結果、虫と同じように何度も本能的に行きました。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

本気で辞めたいなら本気で辞めないと。

いつまでも辞めたいじゃ辞められない。

まとめ

3か月前の自分
3か月前の自分

自分はもうギャンブル依存症じゃないって胸張って言える?

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

僕は今でもギャンブル依存症だと思ってるよ。

そんな生活を続けてきたわけだから。

一回でもギャンブルしたら、嫌悪感に襲われると思うよ。

やっぱりギャンブル依存症なんだ、って。

ギャンブルをふとやってしまった言い訳に、ギャンブル依存症だからって言い訳は、

あまりに都合のいい言い訳だと思ってます。

でも、そんな言い訳ばっかして、いつまでも辞められないと、残りの人生はどんどん短くなっていきます。

僕はいい加減に辞めたい。いつか辞めるじゃなく、「今」辞めたい。

でも、「いつ」、本当に辞めたなんてのはいつまで経っても言えません。

なぜなら、ギャンブル依存症はいつ、強烈に襲ってくるか分からないからです。

そして、いかにギャンブルを我慢してた時期が長くても、

ギャンブルを我慢できずにやってしまったら、

また嫌悪感に襲われます。そしてそれはまた、ギャンブル依存症なんだと、

自分で自覚してしまうものなのです。

この記事を読んで、自分にもギャンブル依存の自覚があると思った方。

一緒になって、脱ギャンブルに取り組んでいきましょう。

僕を含め、ギャンブルの奴隷から解放される為に。

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

これだけのギャンブル辞めたい理由があるからね。

さぁ、君。ギャンブルを辞めて貴重なお金と時間を。

自分の為に使う生活をしなさい。

3か月前の自分
3か月前の自分

俺、ギャンブル辞めるわ(何百回目)

今度こそ本気で!

現在の自分(マボロシ)
現在の自分(マボロシ)

そうだ。その3か月後には、とても有意義な生活が待っているよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました